長野県で映像制作や写真撮影をしている株式会社GOATです。

今年も昨年の「白馬村の百年後を考えるシンポジウム」に引き続きシンポジウムのオープニングMovieとエンドロールMovieを制作させて頂きました。
このような公式の場で動画を大画面で放映して頂けるのは本当に光栄です。

相変わらず一切手抜き無しで頑張らせて頂いた動画がWEBにも公開になりましたので来れなかった方、是非ご覧ください。

今回の楽曲は白馬村で活動している「Mr. Moi」の”To The White Horse”を使用させて頂き、完全MADE IN HAKUBAです。

「オープニングMovie」

「エンドロールMovie」

【白馬村百年の景観を考える 〜美し国から 2017景観〜】
日時:2017.10.28 13:30~ (13:00 開場)
会場:白馬村ウイング21ホール
共同主催:NPO法人美し国づくり協会、白馬村、百馬力
後援:長野県、白馬村教育委員会

「白馬村の美しい山岳景観と田園風景は、白馬村民の大切な財産であり、ここに住む人や訪れる人に大きな幸福をもたらします。 「この景観をずっと守ってほしい」、この地を訪れる多くの人々がそう思うのと同時に、「先人から受け継いだこのたからものを、さらに美しくして次世代に引き継ぎたい」、ここに住む人の多くがそう思っているのではないでしょうか。 そういった想いを形にするために、私たちに何ができるのか。 北海道富良野市で自然返還事業や環境教育事業に取り組む、脚本家の倉本聰氏と、造園学者・農学者で福井県立大学学長、元東京農業大学学長、長野県景観審議会長の進士五十八氏らをお招きして、ご講演いただきました。 ここに住む私たちがすぐに取り組めることを一緒に考えて、実際に行動しませんか? 白馬村の魅力をさらに高め、村民が心豊かに暮らすために、ということで開催されたシンポジウムです。」